ナニー

むかし、テレビドラマで「ナニー」というのがありまして、ちゃんと見た事はないけど、
チラ見してたことがあります。
当時の仲良し夫婦が「あんなの見ちゃダメ!」って家でして、、、
診させてくれなかったんですよね。

というのも、そのドラマ、ちょっと下品でもあったんです。
ナニーがエロいというか。。知ってます?
そのせいで「見ちゃダメ!」だったのですが、時間がなくてまともに見たことないし、
診たかったわけでもありません、ただ話題にはなってました。

そんな印象しかないのですが、ベビーシッターって職業って面白いなと思います。
実は今、ある国でベビーシッターを探していますが、大変なようです。
大変っていうのは、探すのが。

いいベビーシッターさんはすぐにやめちゃうし、高い。
よくない人は、家のものをいっさいがっさい持っていってトンズラするのだそうですよ。
あり得ない・・。
信用のおける人をお願いするのが大変みたいです。

そういえば日本でも、神田うのさんが家のものを盗まれていましたね、あれもベビーシッターさんでした。
あんな有名な人が依頼するのだから、ちゃんとした会社の人でしょうに。

ベビーシッターさん、、、大変だーー!・・・探すのが。。

有名になると。

すごい前に「これ、すごい有名なんだよー!」って知り合いが教えてくれたブログがあります。
少し読んでみたけど、私にはあまり興味のないものでしたのでそのままになってました。
その後「あの人、ブログを書籍化したよ!」ってまた教えてもらって、
でもまさか本は買えないので読んではいません。

でも、その人のブログの内容はご自身の離婚について、だったのです。
その本も、その離婚について書かれたものでしょうし、
離婚した相手の人とか家族とかも呼んでるって事でしょ。

どんなに名前を替えたって分かるよね。。。すごいなー。
それに、、、大変だなー。

その人は男性で、その後、離婚劇の体験を生かして探偵になったようです。

有名になるのはいいけど、離婚劇の内容がすごいので、
なんていうか暴露されたら大変なことになりそうで、、関係ないこちらが怖い感じになる。。

離婚劇を話にするのはいいけど、特定されるような内容で、、、こわーい。

有名らしいので知ってる人は知ってるんじゃないかなー。

なんでもお子さんも自分の子供じゃなかったらしいですよ、
奥さん、、すごくないですか?
しかもその奥さんが不倫して、それでも離婚劇です。。。なんかこわーーい。

ブログを本にする話はよく聞くけど、この話はすごいと思う。
、、、買ってみる笑??
読んでみてもいいかもね。

バングル

バングルとかブレスレットとかを見ていて思うのですが、もちろん好みの問題が一番で、
でも、「これでこの値段?」ってのもあって、基準がデザインにあるわkではないってことが、、
ちょっとよく分からない。
あとはメーカー製というか、そのお店のものってだけで高い、とかね。
しょうがない部分ではあるけど、そこに価値を求めてない人(自分)とかは
ぜったいに買わないです。

ただのヒモじゃん、、って。

紐になにやらつけて「おしゃれーー」なのはいいけど、高いってのが納得できない。
自分で出来そう、てか、出来る。

そこじゃないのでしょうけどね、そもそもそういうものに興味がない場合は
基準は見た目と金額になるのだ。

バングルは金属を使うけど、それもどうなのかー、
皮膚が弱い人やアレルギーもちには適さないね。
ま、だからそういう人はターゲットにしてないでしょうけども。

いろいろ見てますけど、いいものはたくさんありますもちろん、
ただ、どうもこうしっくりこないのは、好みのものがないか、
あっても高いのかなって思ってます。
なので自分で作成だな。

ブレスレットのヒモのなんて自分で出来ますからね。
問題は、時間がないってことだ。
時間をお金で買ってるのだ。

コットンのヒモ

手芸用の、コットンの紐を見ていて、太さがいろいろでね、、
用途によって違うのは分かるけどどうしたものか。。
自分は太目が好みです。
でも太いのって、ビーズの穴に入らなかったりするのでね、どうしようってとこ。
そういうことを考えず、まずはお好みの「これ!」って思ったものを買うべきか。
用途なんて後から変えられるし(?)。
すきなものを取り扱うのがいいですね、好きでもないものって気持ちが入らない。

とあるお店の話に急に変わります。
手芸やさん、、、その町では結構有名な老舗の手芸屋なのですが、
そこの店員(おそらくオーナー家族の一員)がとてつもなく横柄でした。
嫌になるくらい横柄で、客を客だと思ってない。
自分に、ではないです、他の人に対してそうだったので、
聞きたい事があったけどちょっと躊躇していました。
でも目があったので聞いたら、あんのじょう「へん!そんなこと言われても!」
見たいな、、本当なんです。
もっと情報持って買いに来いよ、てな感じ。
いや、初心者で分からないから聞きに来たんですけど!?
あんな店で買いたくない。
だからネットです。
でも本音はじっさいにこの目で見て買いたい。
あんな店員じゃなかったらあそこで買うのに。
それでも何十年もやってるのは、老舗で品数が多いからなんだろうなー。
でもね、いまにつぶれるよ、あんな接客では。

ネットショッピング

ネットショッピングをしてると、それはそれは色々な広告が入っています。
また、どうしてか、検索した商品とかそれに近い商品の案内も出て来るし、
メルマガでその検索した商品の紹介までくる。
すごい世の中ですねー。

さてそんなショッピングですが、と1つの商品を見ていて、
「これ全体じゃない、"ここ"の部分だけ欲しいな」
ってのが出てきました。
この場合、大きな会社ではセット売りなのでしょうけど、個人でやってるようなとこなら
もしかしたらそこの部分だけ販売してくれるかも?
なんて思ってしまった。
まだ聞いてないけどね。
うまくいかないもんです、こういうの。

色が違うとか、ここはいいけどここが、、とかってね、好みとか用途があるので難しいです。

ということで、何かと苦労しております。毎日奮闘。
何を見てるのかって、、?、、それは内緒ですよーー笑
ネットショッピングって楽だけど、逆に「お店に行って聞きたい!」ってことも出てきますね。
便利と不便が隣り合わせだ。
それがネットショッピングなんだろうけど!

遺産

まわりがなにやら遺産で揉めております、嫌ですねー、こういう話は聞くのだけでも。
関係のないことなので聞き流していますが、それでも多すぎて泣く。
聞いてあげる事は出来ても、他になにもしてあげられない。
それに、明るい話じゃないので苦しいのです。

親とか配偶者が亡くなったら、そっちで悲しいはずなのに、
これってどういうことなのだ。
親の場合は特にそうだ、兄弟が出て来て揉めるなんていやらしいたらない。
それこそ「胃酸」がこみあげてくる感じです。

法律にのっとって手続きしたらいいだけのこと。そうでしょ?
そこでめもる意味が分からない。
もめたっていいことなんかないのだ。
どうもめてるかにもよるけど、すんなりいかない事が多くて泣ける。
いや、自分の家はすんなりですよ。

遺産なんかない方がいいね、というか、っめてる家だって多いわけじゃないんですよね、
少しのもので揉めてるからみっともないのだ。
とにかく、その家で全部処理してくださーい、もう聞きたくなーーい。

日本語の発音

日本語にも正しい発音というのがあって、アナウンサーはそれも勉強するらしいですね。
発音表みたいなものもあるって聞きました。
普段聞いている発音が違うこともあるようですよ。

ドラマで女優さんが言う「証人」の発音が「商人」になってるって少し話題になってて、
そのときにこれを思い出したのです。

正しいのは「商人」の発音で、これで「証人」になるうんだって。
知ってた?
よりいっそう現場尾リアルさを出すために、だそうですが、
リアルな現場でほんとうに「商人」といっているのか。。。我々は分からないよね笑

ともあれ、日本語の正しい発音というのはあるので、
そんな本(発音表??)があったら見て見たら面白そう。
どうやって見るのか?・・・から始まりますが。

英語にだって地域で発音違うわけだし、
日本語にもあるし、ほんとうの言葉って面白い。
だから飽きないですね。私は飽きません。

日本語の発音表なるものも手に入れたいです。
どこにあるんだろう??
調べてみまーーす!
もしあったら、、、あなたも買いますか??笑

覚えるには聞け?

マントラを勉強したいってなったら、「まずは聞いて覚えよ」という人がいました。
紙に書いて覚えてもいいけど、聞けと。
うまい人のなら聞いて覚えたいね笑
いろいろな人のあるし、歌にもなってるので、好きな人のを聞きたいな。

私はかつて、紙に書いてもらったものを謳っていきました。
インド人から書いてもらったものだけど、そのままアルファベットで書いたものを、
日本人の私が読むと違った発音になることもあって、
その時は微妙にアルファベットを変えていたり。笑

なので正確な歌、というものはないのかもです。
「音」なのですね。
それを聞いて覚えてくれ、というのは理にかなってる。
最初にそう教えてくれたら、と思うけど、、、いやまてよ、
あのインドの先生も、まずは自分が謳って聞かせてくれたから、聞け、はあってるのだ。
ひととおり覚えたら自習でした。ひとりでマントラを唱えるのは恥ずかしかったなー。
でも覚えました。
覚えた頃に終わってしまったので、それを家で繰り返し練習するしかなくて、
いつしか自信が無くなっていったのだ。
毎日ちゃんとやっていたとしても、「聞いてない」状態ではダメだね。
ということで、CDでもなんでもいいから少しでも聞こうと思う。
「耳から覚える」って、なんでもそうですねー、言葉とかも!

ゆううつなこと

ちょっとユウウツなことがあります。
飛行機です。
その飛行機会社は、とある国のもので、もちろんそこの国の人もたくさん乗っているわけ。
その人たちのマナーが悪いのでゆううつ。

そして乗り継ぎをするのですが、その時間が短くてこれまたゆううつ。
余裕のある便を取ろうとすると今度は逆に乗り継ぎ時間が長すぎるのです。
短い時間で人をかきわけて乗らなくてはいけない。
がんばるしかない。

そして今度はホテル。
ホテルにもその国の人がいっぱいで、夜はうるさいし、
食事のマナーは悪いし。
こんなんで考えただけで憂鬱です。でも仕方ない。

どうしてそこを予約するのか。
ひとえに安いからです。
それしかないでしょ。
高くてこれなら誰も乗りませんよ。

とにかく考えただけで鬱なので、考えないようにしています。
出もsの時はやってくるのだ、なんだか心臓がドキドキする。
精神的によくないので、、、、
そうだ!

お金持ちになろう!!笑
それだ!!

理屈っぽい

理屈っぽい人は嫌われますが、まさにそんな人がいて、、、あまり近くない存在だからいいけど、
あれが近くにいたら、、、相当疲れると思う。
近くで頑張ってる人、お疲れ様です。

理屈っぽい人っていうのは頭はいいのでしょうが、白か黒かで話をする傾向があって、
うやむやなままでいいことでもツバかけながら話すから疲れるね。

あとは、完璧主義な人に多いような気がします。
過程よりも結果を求めるタイプにも多い。
女性よりも男性に多い(?)。
もし女性に好かれたいと思ったら、少なくとも嫌われたくないと思ったら、
理屈は抜きで話をしましょうねー。

理屈っぽい人と話をしていて疲れるのは、理屈だから難しくて理解不能に陥るから。
自分の場合ですよ。
ワカラナイ話を聞いてても疲れるだけでしょ?だって分からないんだもん。
子供が科学者の講義を聞いててもつまらなくて疲れるでしょ、あれと同じ。
簡単に楽しく話をしてくれたらいいんだけどね。

誰だったかな、どこかの偉い人が「三歳児にわかるように説明できてこそ天才」
って言ってて、まったく尊母通りだなって思います。
分かりやすく、面白く説明してくださーい、理屈はやめてーー。